×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長崎測候所跡付近
1878年(明治11)7月1日 長崎海洋気象台の前身である 長崎測候所が設置され
長崎海洋気象台は 今年 創立130年となります。

 1898年(明治31)8月1日 長崎測候所は  現在の「どんの山」の頂上に移転
昭和22年 長崎海洋気象台が創立され 業務が受け継がれました。 

当初の「長崎測候所」の場所は 「十善寺郷中ノ平」または
 「十善寺郷361番地」と資料には書かれていて 現在の場所は分かりません。

ただ 海抜(57.6m あるいは 57m)と 資料に書かれているので
 地図から 大体の場所が わかりました。
Home   気象関連   更新履歴   50音別目次
海星高校を中心に東山手です。 長崎測候所は 青い屋根の海星学園付近にあったようです。
オランダ坂・十人町から「どんの山」へ向う町です。右に「活水大学」 奥が「海星学園」です。
すこし 上って 海星学園の 入口が見えています。
さらに上って 白い横断歩道付近が 1万分の1の地形図で 57mの表示がある場所です。
この場所付近に 移転前の長崎測候所があったと思われます。
車道の北側は 中新町です。
左の階段を下ると館内町に出ます。 遠く長崎の繁華街や官庁などが見えます。
南側は 東山手町です。
右の階段が 「ばってん坂」 下ると 大浦の石橋に出ます。
南東方向から 
この坂をのぼると「どんの山」公園です。 但し 自動車では行けません。
当時測候所は、現在の海星高校の付近にあった 海星が明治30.3から新校舎を建設したため
観測上支障があるところからドンの山の頂上に移った。     (長崎市史年表より)
Home   気象関連   更新履歴   50音別目次