×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鍋冠山の測点
1879年(明治12)から翌年にかけて 内務省により
鍋冠山と東京赤阪葵町にある天文台間の 経度電信測量が行われました

1910年(明治43) 鍋冠山の中腹に報時観測所を建設するにあたり
経度を知るために 明治12年の観測地点を探しましたが 発見できませんでした

数年後 山頂から北北西の勾配のかなり急な草薮のなかに
二つに折れた石柱が発見されました 石柱には
 「天象観測指点」「内務省地理局」「明治12年12月」と記されていたそうです

天文月報(第9巻第1号)4P 長崎に於ける経度電信測量の測点 田代庄三郎 より
Home   関連ページ   更新履歴   50音別目次
鍋冠山展望台から見た 長崎港と「長崎報時観測所跡」
右に見える緑の広場(青い屋根の手前)が「報時観測所跡」です
大正から昭和にかけて「タイムボール」により 港の船舶に正確な時刻を報せました
鍋冠山展望台から見た北西方向
左に 鍋冠山の三角点が見えます
 明治12年の測量地点も この付近にあったと思われます 
ご注意 この画像は 超広角画像です 周辺が極端に湾曲しています。
展望台から降りて 近くに寄ってみると ○印の場所に四角い石が埋まっていました
一辺が16cmほどの石です
長崎市史 地誌・名勝編 1938年刊 1967年再刊 p310 には
明治12年に内務省地理局測量課が 経緯度測量に従事したのはこの(鍋冠山)山上である
今其の遺跡には高さ3尺余りの石柱の一部がある
と書かれているので もしかすると その石柱の「なごり」かもしれません。
Home   関連ページ   更新履歴   50音別目次